2 Comments


  1. @

    はじめまして、春といいます。

    「スピリチャアルオラクルタロット」のカードの切り方を探していたら、こちらへ辿り着きました。
    今年一月に「レイキ」を習いました。
    ハイヤーセルフとのやり取りが上手くできなくて、悩んでいました。

    くにさき先生の動画を拝見させて頂き、何かが動き出してきた感覚になりました。
    ジャッジしない生き方は、「意識」していてもうまくできませんでした。
    今は、その悶々とする感覚さえも楽しむことや「思考を絞り出す」静寂の背景など。
    なんとなくですが、「あっ、そうなんだ!」とすんなり理解ができました。

    久しぶりに嬉しくて、思わずコメントさせて頂きました。
    ありがとうございました。

    Reply

    • くにさき くにさき
      @

      はじめまして、春さん。
      コメントありがとうございます。

      これまでは
      ハイヤーセルフとのやり取りが上手くできないし、
      ジャッジしない生き方は「意識」していてもうまくできなかった、
      とのことですね。

      それがこの動画を観ることで
      ヒントに繋がったとのことで、とても嬉しく思います!

      どのような状態の自分でも
      それを通した先に、
      何かしらの最善の未来へと向かおうとしています。

      ハイヤーセルフとのやり取りが
      上手くできない状態でさえも
      最善に繋がる
      意味があるのかな?と
      思われるかも知れません。

      はい、意味があります。

      絶対的に正しい答えを求めるより、
      自分がどこへ向かおうとしているのかを
      忍耐強く、注意深く見つめることが大切です。

      そのプロセスで
      悶々とする感覚さえも楽しめると、
      答えが出ない状態に耐える精神性が高まります。

      すると、
      安易に自分をジャッジしない生き方になっていきます。

      答えを保留する力がついてくると
      考えを深める力もついてくるし
      安易な結論に逃げない自分を育めます。

      インナーチャイルドのワークは、
      ジャッジのないワークであり
      自分を育むワークです。

      春さんの豊かな内面を、さらに伸ばすことにも繋がります。
      これからも親しんで下さると嬉しいです♪^ー^

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA