インナーチャイルドとは何か?|命の力としての側面

インナーチャイルドとは何か

ネガティブな感情は癒やすべきものなのに、
自分の中から、なかなかそうした感情が
消えないなあと、嘆いたりしたことはありませんか?

インナーチャイルドワークをやっても
きりが無いなあと、さじを投げたこともないでしょうか?

 

インナーチャイルド

 

 

事実、インナーチャイルドワークには
効果がなかったという人もおられるでしょうし、

延々とそんなことをしていても
きりが無いというセラピストの意見もあります。

確かに、
インナーチャイルドワークには効果がないという意見も
幼少期の心を癒やす事が、
インナーチャイルドワークだと考えているのなら
それも正しいと言えるでしょう。

しかし実際は
インナーチャイルドを理解するにあたり
幼少期に受けた心の傷という解釈は、
ひとつの側面として間違いではないものの

完全な理解とは、まだ言えません。

人間にインナーチャイルドという存在が、なぜ生まるのか
という、「根本的な視点」にまで掘り下げてはじめて
わかることもあるのです。

もしあなたがカウンセリング、セラピーなどを行う立場のひとであれば
今まで以上に適切な見立てが行えるようになります。

自分に対してインナーチャイルドのワークをしてみたい人なら
正しい理解が身につくことで、
インナーチャイルドへの向き合い方の質が上がることと思います。

いずれにせよ
ぜひ役立てて下さい。

目次

生きるという命題|一度すべてをそこに還元してみる

私たちには生まれ持った本能があります。
すなわち快と不快への反応です。

生存にとって心地よいものには近づいていくし
生存に差し障るものには不快を感じて遠ざかります。

命の安定があるところは心地よいものです。
たとえば、眠ること、食べること、触れ合うこと・・・

生まれたての赤ちゃんを想像してください。

赤ちゃんは純粋な命そのものであり
周囲にあるものが心地よいのか不快なのかには敏感です。

生存にとって心地よいものに囲まれることで安定します。

だからお母さんの愛情をめいっぱい受けとることで
この世界を安全で素敵な場所だと感じることができるのです。

これは心理学的にも知られており
お母さんのめいっぱいの愛情行為は、
母性的な没頭(マターナル・プレオキュペーション:maternal preoccupation)
とも呼ばれ、必要なこととされています。

そのときに赤ちゃんに触れることで、
母子ともにオキシトシンを増やせます。

オキシトシンは、
人と人の間に形成される信頼や愛、あるいは人間の活動
(経済,政治,社会,家庭) の生物学的基盤に重要です。

生物学的基板、つまり生物として
命が安心な状態におかれると
私たちは本来の力を発揮するのです。

それぞれ私たちは
「わたしの命」を安全に育むことを望んでいます。

なにが「わたし」なのか?

ところが
なにがその「わたし」なのか?

「わたし」が大切に守るべき「わたし」とは
一体何であるのか?

そこが問題になってくるのです。

 

意外なことに、私たち人間は、
“概念的なもの”と”物理的なもの”が、
区別ができないのです。

なにを伝えたいのかと言うと・・・

物理的な「わたし」=身体
概念的な「わたし」=精神

どうやらこの2つを
人間は区別できない、ということです。

そのどちらも、
物理的、身体的なものだと見なし
反応してしまうのです。

本当に?と思いますか。

 

脳の進化と共に、こころが生まれた

本当です。

それは私たちが、
身体と精神を区別をしないことに決めて
進化を遂げたからです。

もともとは身体のためにあった脳の機能を、
精神のために”使いまわし”する
戦略をとったのです。

脳は最初、物理的な身体のためにその機能を
発達させてきました。
そこにあとから
高度に発達した大脳新皮質を加えた
というわけです。

もともとあった
身体のための機能を、精神にも使いまわすことが
できたおかげで、
精神のために新しい部位を
さらに創る必要はなくなったのです。

ただし、
肉体のための機能と
精神のための機能を使いまわししているので、
精神と身体は切っても切れない関係になりました。

つまり脳にとっては、
わたしの命=わたしの身体=わたしの心 です。
すべてイコールの関係なのです。

そうなると「生きる」ということは
「肉体と精神のわたしの両方を維持する」
ということに他なりません。

そこでだんだんと
ややこしいことが起きてきます。

「肉体のわたし」だけなら

わたしの頭
わたしの手
わたしの足

のように、なにが自分なのか
ハッキリしています。

でも
「精神のわたし」の場合
その範囲は無限に広がります。

わたし=わたしの名前
わたし=わたしの服
わたし=わたしのお金
わたし=わたしの家族
わたし=わたしの友人
わたし=わたしの気持ち
わたし=わたしの考え・・・

「わたしの〜」という定義をすれば
それはあなたの一部になっています。

その定義で
どれもあなたの一部として
脳は認識します。

その証拠に
それらがひどく傷つけられたり、
強引に奪われたりすることを想像したときに
あなたは文字通り
身を裂かれるように辛くなります。

なにが「わたし」なのか
という輪郭は
想像以上に広がっているのです。

 

心が緊張状態になる理由

さきほどは
生物学的基板、つまり生物として
命が安心な状態におかれると
私たちは本来の力を発揮すると言いました。

反対に言えば、
命が危険な状態におかれると
ファイト・オア・フライト反応と言って
闘うか逃げるかの二択を迫られる緊張状態になるのです。

私たちにとっては

「肉体のわたし」が、危険な状態におかれる可能性よりも
「精神のわたし」が、危険な状態におかれる可能性が高いのです。

脳にとっては肉体と精神の区別がつかないので・・・

わたしの意見に反対する人=わたしの命を否定する人
わたしの立場をおびやかす人=わたしの命をおびやかす人

という受け取り方になるのです。

あなたの感情が不安定になることがあるとすれば
潜在意識レベルでは命の危険につながることだと
感じているのです。

こうした
「わたしの〜」がつくものを
何としてでも、守ろうとするための
脳の働きの一つが
インナーチャイルドなのです。

 

まとめ:インナーチャイルドの癒やしとはなにか?

ネガティブに思える感情反応、
つまりインナーチャイルドの反応は
あなたを守ろうとしている
命としての自然な振る舞いだと理解できます。

私たちは、それを理解したうえで、
受け入れ、越えていくこともできるのです。

合わせて読むと、完全理解
インナーチャイルドとはなにか?|幼いころに形成された、あなたの性格のパターン

 

母親の愛情を与えられた赤ちゃんが
そうであるように、いまでも私たちは、
充分な安心と安全を感じられた時、
生きていることの心地よさがよみがえります。

自分を癒やすということは
そのような安心で安全な場を
自分に与えてあげることです。

それがインナーチャイルドワークの
目的です。

インナーチャイルドについての
ルーツの振り返りはいかがでしたか?
あなたのインナーチャイルドに向き合うときの在り方が
さらに愛情深いものになりますように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次