著者情報

スクリーンショット 2015-09-04 16.23.28

 

はじめまして、くにさきしずかと申します。

私はインターネットを通してスピリチュアル カウンセリングを教えています。

スピリチュアル カウンセリングと言っても、
霊的なことをされている方もいれば、占いをされている方もあり、
いろんなジャンルがありますが、

私はおもにNLP(神経言語プログラミング)や心理学をベースにしています。
スピリチュアル カウンセリングを仕事にする前は、会社員を14年間やっていました。

私がこの仕事を始めたきっかけは、NLPの出会い、
そして、スピリチュアルとの出会いにあります。

事実、NLPとスピリチュアルのおかげで、私の人生の可能性は一気に広がりました。

私は会社員だった当時、仕事に役立てるため
プロのコーチに、対面のセッションをお願いしていました。

あるときコーチが私に、「NLPというのがあるんだけど、興味ありますか?」と尋ねました。
以前から私は書籍でNLPを知っており、かなり関心がありましたので
すぐにコースに申し込みました。

潜在意識に対してとても論理的なアプローチをしているので、
私の好みにもあっていました。

NLPを学んでいくと、潜在意識の使い方がわかるようになってきます。
私は夢中で実践して学び続けました。

NLPを学んでわかったことは
潜在意識の振る舞いには意味があるということです。

潜在意識の仕組みや働きを
正しく理解すると
色んなことが根本的に理解でき、
実践できるようになります。

スピリチュアルな世界でも、潜在意識という言葉がよく登場します。

NLPについてトレーニングを受けたり
書籍を読み込んだり、
実践を繰り返すことで、

最初は魔法のように思えたスピリチュアルな世界も
構造があり再現性があることを知り、
シンプルに解き明かす鍵を、NLPで得ることができました。

その頃から私はインスピレーションの有効な使い方を
自分なりに解き明かしはじめ、
いつしか職業としてスピリチュアルな技法を
教えることになりました。

スピリチュアルな技法をテーマに情報を発信しはじめると
興味を示した人たちから注目されるようになりました。

自分の未来について教えて下さいという依頼や、
恋愛や家族の問題で、相手の考えていることを教えて欲しい、
相手の考えを変えるためのアドバイスが欲しい
という依頼も増えてきました。

はじめは依頼されるままに、お答えしていました。

しかし、この依頼の根底にあるのは
「相手の考えていることを知りたい」という願望であり、

その願望は
自分が傷つくのが怖いので、相手の考えていることを知っておきたい
という、不安からくるものだと解りました。

不安や自信のなさから、すがる思いで相談に来られる気持ちも解ります。
ただし、それで答えを得ても、また再び不安になるに違いありません。

根底にある不安や自信のなさこそが
迷いの原因なのですから。

 

人間の不安や自信のなさは、何処から来るのかと思いました。

そこで心というものを研究するために、
自分自身の心を題材に、インスピレーションを使ったやり方で分析を繰り返しました。

不安や自信のなさといったネガティブな感情を
よくよく掘り下げていくと、

意外なことに、
その奥底には素晴らしいポジティブな想いだけが
あることが解りました。

そのさらなる奥底を突き詰めると、
輝くばかりの愛情や思いやりがあったのです。

この原理を活用したセッションを
1000人を越える人たちに提供しましたが
誰もが同じ現象がおこりました。

私はこの心の作用を、
内なる純粋なものとして「インナーチャイルド」と呼ぶことにしました。

また、心をインスピレーションで探っていると、
さきほどのインナーチャイルドとは別に、
崇高で広いエネルギーのような意識を感じることもできました。

それが「ハイヤーセルフ」、つまり高次の自己と呼ばれる
普遍的に誰もが持っている意識であることが解りました。

ネガティブなインナーチャイルドも
掘り下げていけば、純粋な愛と思いやりに出会える。

普段意識していなくとも
ハイヤーセルフに意識を向けると、
いつでも優れた知性と壮大な広さに出会える。

 

そして私は確信ました。

人間はだれであろうが
いまどんな存在であろうが無関係に
愛という進化へと向かい続ける
スピリチュアルな存在です。

そこから私は
誰の中にも存在する、インナーチャイルドとハイヤーセルフを
人生に活かすカウンセリングの手法を開始しました。

そして
これをライフシントロピーと名づけたのです。

シントロピー【Syntropy】とは、調和するとか完成していくという作用のことです。

人生【LIFE】を調和【Syntropy】する手法。
だからライフシントロピー。

ライフシントロピーに方向性を定めた私は、
メールマガジンで仲間を募集しました。

少しづつ興味を持ってくださる方や、一緒に活動してくださる方が集まり
そして、一般社団法人ライフシントロピー協会が生まれました。

もともとセラピスト資格をお持ちになっていたり、
心理職の方も関心をお持ちになりました。

ライフシントロピーの中には心理学とスピリチュアルの垣根を越えて
必要なすべてが含まれているとの意見を頂きました。

これまで心理学の勉強やカウンセリングの体験がない方も
しっかりと経験を積みながら卒業し
ライフシントロピーのセッションを行える人たちが増えてきました。

セッションを提供する側が答えを与えるのではなく
セッションを受ける方のインスピレーションを活用する。

この手法を学ぶと
インナーチャイルドを解放し、
ハイヤーセルフとのアクセスを取り戻していけます。

その人が本来あるべき
100%自分らしいイキイキとした人生が実現できるのです。

 

スピリチュアルなアドバイスを人から受取ることより
大切なことがあるとすれば
自分の精神の深さと豊かさを知ることでしょう。

それが自然にできるとき
きっと多くの人が自信を取り戻すはず。

そういう想いで、ライフシントロピーを始めました。

卒業されたライフシントロピストさんたちが
ほんとうの自分らしさと自信を引き出す活動をされているのを
見ていると嬉しさが広がってきます。

私がお伝えしているのは
質問によって、相手の潜在意識に働きかけ
相手のインスピレーションを引き出せる手法です。

心理学やカウンセリングを学んだ背景がない方でも
基礎から、1段づつ上がるように
潜在意識についての知識や技術を学んでいただけます。

その内容を、メール講座に参加された方にお伝えしており
実際に心の悩みが解消されていったという感謝のメールを
毎日のように頂いています。

本当に自分のことを大切にできると、
人生の質はグッとあがります。

決して複雑ではなくシンプルなことなので、再現性があり
誰にでも効果があります。

ぜひあなたも試してみてください。

それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました。




スピガク通信

ブログの内容をより体系的に学びたい場合はメルマガにご登録下さい。有料セミナーで提供していた内容を無料でプレゼントしています。

苗字 *

Email *